ブラックリスト

キャッシングとブラックリストについて

キャッシングの審査においてブラックリスト入りというのは融資してもらえない原因として確実なものなので、当然そうならないように努力をするべきなのですが、実際にブラックリストがどういうものなのかはちょっとイメージしがたいものがあります。そのブラックリストに関してですが、実際に存在するわけではなく情報自体が信用情報機関に存在するものであり、これをキャッシングの会社が審査の際に取り寄せるという仕組みになっています。

 

信用情報機関では個人のキャッシング履歴や金融事故などが逐一記録されていますが、まずブラックリストに該当する情報としては金融事故があります。これは債務整理や自己破産、返済出来ずに連帯保証人が代弁した記録などであり、キャッシングの審査においては一発アウトになります。また信用情報機関で記録されるのはこのような大きな金融事故だけでなく、過去に借り入れしていた際の返済状況も記録され三ヶ月以上や三回ほどの返済の遅延はかなり大きなキャッシング履歴として悪い情報として記録されます。

 

さてこのようにブラックリストの情報は信用情報機関に記録されるのですが、実はこの情報は個人で請求すると開示ができて自分で調べられることがあります。CIC・JICC・全銀協という三社が日本における信用情報機関ですが、これら全てで情報開示をすることにより自分がブラックリスト入りしているかどうかを知ることができます。勿論有料なのでしっかりと考えてから利用するのが良いと思います。

ブラックリストに登録されると審査に落ちてしまう

キャッシングやローンなどで融資をお申込みしても審査に落ちてしまう方は、ブラックリストに登録されているかもしれないです。ブラックリストは信用情報機関が集めている個人の信用情報の中に含まれています。

 

正式にブラックリストとして登録されているのではありませんが、登録されているとアコムなどのキャッシングで審査に落ちてしまうのでブラックリストと外部の人が呼んでいます。ブラックリストは主に滞納と債務整理、多重申込があります。以前キャッシングやローンなどで3か月以上滞納したことがあればブラックリストに登録されています。ブラックリストに登録される債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの手続きがあります。

 

自己破産では最長で10年と長い間登録されてしまいます。多重申込はキャッシングやローンなどに1か月以内に3社以上の申込で登録されます。一度登録されたら二度と消えないのではなく登録期間が過ぎれば消して貰えます。信用情報機関によって登録期間が異なります。

 

日本には全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICC日本信用情報機構と3つの信用情報機関があります。それぞれのホームページで登録期間が掲載されていますので、ブラックリストに登録されているかもと思ったら一度チェックしてみて下さい。ブラックリストから消してくれても信用情報機関から教えてくれるわけでは無いです。しかし信用情報機関では情報開示を行っており、本人の信用情報なら閲覧することが可能です。

 

パソコンやケータイ、スマートフォン、郵送、窓口など信用情報機関によっていろいろな開示請求の方法があります。

ブラックリストに登録されてしまったら

キャッシングなどの融資の審査が通りにくくなっている時にはブラックリストに登録されているかもしれません。ブラックリストといいますが、実際にはそのようなリストが存在するわけではありません。ブラックリストとは信用情報機関の個人信用情報の事故情報のことをわかりやすく通称しているだけで、この事故情報には3か月以上の返済遅延や自己破産などの債務整理のいわゆる金融事故の履歴が登録されます。そして、個人信用情報の事故情報は金融機関が融資を行う際の審査に大きな影響を与えるために事故情報に登録されると審査が通りにくくなってしまうのです。

 

一度、ブラックリストの登録されてしまいますと、5年から10年はその登録は削除されることはありませんから、削除されるまではずっと審査が通りにくい状態は続きます。

 

しかし、ブラックリストに登録されたからといって融資を全くあきらめる必要はないとも言えます。ブラックリストは金融機関の審査に大きな影響を持っていますが、それは法的な規制ではありませんので、最終的に融資を行うかどうかを決めるのは金融機関であるからです。

 

大手の消費者金融や銀行からの融資は確かに厳しい面もあるかもしれませんが、それらの金融機関と競争をしている、具体的には中小の消費者金融ではブラックリストに登録されていても、審査で柔軟に対応している業者も多数存在します。闇金などに頼る前にそれらの中小の消費者金融を探すことが優先となります。

実はあなたもブラックリスト

引っ越しや友人の結婚、車の事故などで急にお金が必要になることってありますよね!そんなときに便利なのがクレジットカードのキャッシングです。もしもあなたが急にお金が必要になったときは試してみてはいかがでしょうか?あなたのクレジットカードがキャッシング可能かどうかはカード会社のホームページから確認できます。

 

もしもあなたがクレジットカードをまだお持ちで無いなら、ぜひ1枚は持っておく事をお薦めします。クレジットカードでキャッシングする場合、もうひとつ確認しておいた方がいいところは、金利です。お薦めは銀行系のクレジットカードです。金利が消費者金融系のクレジットカードよりも金利が安くて返済プランが立て安いです。返済には非常に気をつけた方がいいです。たった1回返済が遅れただけで延滞金が発生してしまいます。急なお金の出費に困ってクレジットカードのキャッシングに頼ろうとするあなたは、日々の生活でいっぱいいっぱいなはずです。

 

だってそうでしょう?今お金に余裕があるならキャッシングする必要が無いのですから。だから1回くらい返済が遅れてもいいかな?と安易な気持ちで返済日にお金を返済しない。そんな選択は絶対しないでください。その1回であなたはブラックリスト入りしてしまいます。あなたの借りたお金がもし一万円だけだったとしても、延滞したことの記録はデータベースに残ってしまいます。1度でもデータベースに残ってしまったら終わりです。この先6年間あなたはお金の融資を受けることが出来ません。べつにいいんじゃないの?と思わないでください。

 

融資したもらえないと言うことは、ローンが組めないと言うことです。もしもあなたが車を買おうって思ったらどうしますか?家を建てようって思ったらどうしますか?ローンが組めないと買うことはできないですよ。だからクレジットカードでキャッシングをする場合は本当に気をつけてください。クレジットカードの引き落とし口座にお金が入っているのか常に確認が必要です。あと、クレジットカードを複数持っているあなた、クレジットカードを複数持っているだけでブラックリスト予備軍なので気をつけてください。

あなたもブラックリストに登録されているかもしれません

消費者金融でお金を借りたことがある方も少なくはないでしょうが、あなたは借金の返済を滞納したり、借金を重ねすぎたりしてしまったために、ブラックリスト扱いになっていないでしょうか?もしかしたら自分はブラックリストになってるかもしれない、そう思われている人もいるかもしれません。

 

やはり、消費者金融から借りたお金を返済しなかったり、滞納してしまったりすれば、信用情報機関にブラックリスト登録されてしまう可能性が高いのです。そのために、5年や10年といった期間はブラックリスト扱いが消滅しないために、いざお金を借りたくなっても、消費者金融などでお金を借りられなくなってしまう確立が高くなるのです。この数字は最終返済日などによって少し違ってきますが、それでも最低5年以上は信用情報機関にブラックリストとして登録されることになります。きちんと返済している方や、滞納をしてこなかった人であれば問題ないのですが、そうでない方だとブラックリスト扱いとなってしまう可能性があるので、注意が必要になります。

 

もし、自分もブラックリストに登録されているかもしれないと思っている方は、大手消費者金融などでお金を借りることはその期間中は難しいので、お金を借りたい方は、ブラックリストの人でもお金を借り入れできるところを探さなければいけないでしょう。今までにあまりにもいろんな消費者金融でお金を借りてきた方や、支払い能力の低かった方はやはり、ブラックリストに登録されている可能性が高いでしょう。